一流ホテル、シェラトンも脱臭機を使用している!

一流ホテル、シェラトンも脱臭機を使用している!

ここ数年、外国人観光客が急増しています。このおかげで、日本のホテル、特に東京や大阪といった大都市圏のホテルは高い稼働率が続いています。

しかし、ホテル業界は業績の上下が激しい業界。円高に振れたら、外国人観光客が一気に何十%もいなくなる、ということが当たり前のように起こります。よって、日本に住む日本人(私たちのことですね)に愛され、選ばれるホテルとなるべく、ホテル側も多様なニーズを取り込もうとしています。

最近増えているのが、「ペットOKホテル」を超えた「ペットと楽しむホテル」です(もちろん、全ての部屋がペット対応されているわけではないので、部屋数はまだまだ少ないです)。

面白いのは、これまでは地方のリゾートホテルなどで「ペットOK客室」が一部ある程度だったのが、高級ホテルが「ペットと楽しむホテル」を強化していることです。

その中の一つ、シェラトン・グランデ・トーキョーベイを見てみましょう。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイとは

シェラトン・グランデ・トーキョーベイは、高級ホテルの世界ブランドの1つであるシェラトンであること、そしてホテル自体が東京ディズニーリゾートの中にある「東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル」であることで有名です。海に面しているため、結婚式で利用されることも多くあります。

ドッグ・ラバーズ・スイート
ドッグ・ラバーズ・スイート

ホテルには、禁煙室、喫煙可能客室のほかに、「ドッグ・ラバーズ・スイート」という客室があります。この客室は、最大2匹の犬を連れてきて泊まることができる、愛犬家専用の部屋になります。

現在日本では、15%の世帯で犬が飼育されているとされるので、愛犬家が心からくつろげる客室を提供することは、ビジネスから見ても理にかなっていますね。増えているとはいえ、まだまだペット対応ホテルが少ないので、ペット対応ということで、高めの客室料金を設定できるという読みがあるかもしれません。


ホテルのペット対策+臭い対策

ホテルのペット対策+臭い対策
ホテルのペット対策+臭い対策

喫煙可能な客室であればたばこの臭い、ペットOKの客室であればペットの臭い、そして普通の客室でも食べ物の臭い・香水の臭い・体臭などの臭いがすることがあります。

こうした臭いに、シェラトン・グランデ・トーキョーベイがどのように対応しているかというと、ペット可能な客室(臭いが残る可能性が高い客室)には空気清浄機が常備されています。空気清浄機を使うと、空気を循環させて、フィルターで臭いのもとやペットの毛などを取り込むことができるので、宿泊客の方にも好評ではないかと思います。

そして、ホテルが注意すべきなのは、宿泊客が滞在中の臭いだけではありません。むしろ、その後の対策が大切です。宿泊客がチェックアウトして、次の宿泊客がチェックインするまでの数時間で、客室の臭いを完全に脱臭する必要があるのです。

ペットOKの客室とはいえ、前に泊まっていた人のペットの臭いがするのは、当然好まれません(クレームが入ります)。喫煙室も同様で、自分がたばこを吸うからといって、他人がたばこを吸った臭いが客室に残っているのは嫌なものです。

昔は、宿泊客からの苦情は知人友人への口コミ程度で、影響力が少なかったですが、インターネットのおかげで一人の苦情口コミを何千人、何万人、何十万人に読まれてしまいます。よって、昔よりも注意して、苦情のもとを一つ一つ取り除かねばなりません。


オゾンで強力脱臭

オゾンで強力脱臭
オゾンで強力脱臭

客室の臭いを短時間で取らねばならない、しかし空気清浄機では取れない。そんなときに用いられるのが「オゾン脱臭機」です。臭いが残っている客室にオゾン脱臭機を持ち込み、ONにします。オゾンの生成量にもよりますが、10分から30分程度オゾンを発生させることで、室内を確実に脱臭することができます。

なぜオゾンで脱臭できて、空気清浄機では脱臭できないのか。これを考えるうえで、「脱臭機」と「空気清浄機」の違いを知っておく必要があります。

まず脱臭機ですが、これは「臭いを消すことが主目的の機械」です。オゾンのような脱臭効果のある物質を生成したり、脱臭機内部の「臭いを取ること」に特化したフィルターで臭いのもとを吸着・分解します。

次に空気清浄機ですが、これは「ほこりや花粉といった有害物質・アレルギー物質を取ることが主目的の機械」です。こちらは内部には、ほこりや花粉に特に効果があるフィルターが設けられています。ほこりや花粉といったモノを吸着するので、ペットの毛などを吸着するのにも効果があります。

空気清浄機でも、脱臭効果をアピールしているものもありますが、空気清浄機の主目的は「脱臭」ではありません。脱臭機能はおまけ程度に考えるのが良いでしょう。

逆に、しっかりとした脱臭を期待するなら、脱臭機を導入するのがベストです。シェラトン・グランデ・トーキョーベイは、この点をよく理解しているからこそ、特に臭いが強い客室については、次の宿泊客に不快な思いをさせないために、オゾン脱臭機を導入しているのですね。

この話を聞いて、ぜひシェラトン・グランデ・トーキョーベイに泊まってみたくなりました。ついでにどこのオゾン脱臭機を使っているのか、聞いてみたいですね!私が日々使っているオースリークリア2だったら嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*