無人環境と有人環境〜オゾン脱臭機を選ぶときのポイント

無人環境と有人環境〜オゾン脱臭機を選ぶときのポイント

どうも、お久しぶりです。
サンコンです。

「もっとも効果がある脱臭機の脱臭方式」でも書いているように、脱臭方式でもっとも優れているのは「オゾン脱臭方式」です。これは間違いありません。

で、ここのところちょくちょくお問い合わせをいただくことがあるのですが、お問い合わせ内容でもっとも多いのは、「無人環境と有人環境で使う脱臭機はどちらが効果ありますか?」というものです。これは実用性を考えた場合、一長一短ありまして、いつでもどんなときもこちらがいいですよ!というのは難しいのですが、「脱臭効果」についていえば、無人環境で使用するオゾン脱臭機のほうが100%効果が高いです。

はて、無人?有人?いったい、なんのことだろう…

これはですね、オゾン脱臭機を利用する際、その空間に人がいる状態(有人)で使うのか、人がいない状態(無人)で使うのかということです。

なぜ、それが分かれているのかといいますと、オゾンはきわめて脱臭効果や殺菌効果が強いものですが、人間がオゾンを大量に吸い込めば害になります。もちろん、ちょっと吸ったからといってどうということはありませんが、たとえば、「ちょっと吸って」を通り越すと、少し気分が悪くなることもあります。そしてそれでもそんなことを無視して(実際にこんな場面は考えられませんが)ずーーーーっと、そこに居続ければ頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりします。

つまり、オゾンは大量に吸い続けると害になるんですね。そのオゾンを害にならない程度に空間に放出するのか、それとも一気にエイヤッとやってしまうかということなんです。前者は人間や動物がいても問題ありませんが、効果は低いです。後者は効果が高いですが、その空間に人間や動物はいない状態で行う必要があります。(※無人環境で一気にエイヤッとやるオゾン脱臭機でも1時間程度放置しておくと、オゾンは脱臭を終えたあと酸素に戻り完全無害化されますのでご安心下さい)

ですから、「無人環境と有人環境で使う脱臭機はどちらが効果ありますか?」の答えは、「無人環境で使用することを想定して作られた脱臭機の方が脱臭効果は高い。けど、必ず無人環境で行ってくださいね」ということになります。

有人環境で使うオゾン脱臭機なんて本当に効果ないのでやめたほうがいいですよ。実際、私はいろいろ購入して試していますので間違いありません。

脱臭を考えているその場面にもよりますが、ほとんどの場合、無人環境で一気にエイヤッとやってしまったほうが効果が高く、効率的です。飲食店などの場合は、お客さんがいない時間帯やお休みの日にやる必要があるので正直、手間はかかりますよね。

けど、それもお客さんに安全で快適なサービスを提供するために必要なことだと私は思います。嫌なニオイがするお店で食事をしたいとは思いませんし、不衛生が原因で食中毒なんてことになったら死活問題ですからね…(オゾンは食中毒予防や対策にも広く活用されています)

私が使っているものは、無人環境で一気にエイヤッとやるほうの急速・高性能脱臭機「オースリークリア2」です。

おすすめ脱臭機〜タバコやペット臭に効くガチのやつ

しかし、場合によっては「有人環境に使用したい」というケースも少なくありません。

オースリークリア2は効果はとても高いですが、「無人環境」で利用することが絶対条件となります。

もし、あなたが有人環境でも利用できて効果が高いオゾン脱臭機がほしいということであれば、下記の記事をお読み下さい。
脱臭能力の高い空気清浄機を探している人におすすめの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*