アイコスに乗り換えた脱臭マニア

脱臭機選びに30万円かけた私がアイコスにした理由

どうも、サンコンです。

私はメーカーの宣伝やステマに騙されず、リアルなベストオブ脱臭機を見つけるまでに約30万円と(きっと途方も無い)時間を使いました。

お店に足を運び、ネットで検索しまくったり、調べまくったり…

ときには、「おっ、この製品は本当にいいかも!」と思い、その情報を追っかけていったら、それが見事ステマでガッカリしたりw

本当にかなりの時間を要したと思いますが、結果、ベストオブ脱臭機にたどり着きましたし、ニオイや環境に対する意識も高まるきっかけとなりました。それに何より調べて、結論を出すまでの仮定が自分ではとても楽しかったですね。

そんな私はバリバリの喫煙者です。

「バリバリの喫煙者が環境を語るなよ」と思われるかもしれませんが、喫煙者でまだアイコスを利用していない人や少なからずニオイを気にしている人は是非読み進めていただければと思います。

もともと私は、車の車内がたまらなく臭くてそれを解決するべく脱臭機探しの旅を開始したわけですが、そんなことをしている最中に愛煙していたセブンスターからアイコスに乗り換えました。そして、1日1箱は吸っていましたが、それもアイコスになり1日10本程度となりました。

アイコスに乗り換えるまで、周りでチラホラとアイコス利用者が増えていく中で、「えっ?アイコス?充電が面倒そうだし、第一、火を使わないとか、それなんなの?しかも、アイコスにしたら大好きなセブンスターが吸えないじゃん」と思っていましたw


アイコスに乗り換えた今、私が思うこと

タバコとして上質

タバコとして上質
タバコとして上質

アイコスはタバコとして上質です。正直、セブンスターだけではなく、火をつけて吸うタバコは不味いというか、味が粗くて吸えません。これは僕個人の意見ですが、アイコスを吸ったことがある人に聞けばほとんどの人がそう感じるでしょう。

タバコ臭くない

タバコ臭くない
タバコ臭くない

もはや脱臭機マニアといっても過言ではない私にとって、たとえそれが大好きなタバコであったとしても、ニオイは重大な問題です。タバコって吸ってる自分は気づかないだけで、吸わない人からしたらすごく臭いんですよね。

今自分で振り返ると、きっと今までいろんな場面で嫌悪感を抱かれたりしたこともあると思います。そういう「タバコ臭さ」がアイコスには一切ありませんね。換気扇の下やベランダで吸っていた人は普通に部屋で吸っても大丈夫なレベルですね。脱臭機で車内を完全脱臭してからというもの、その後、車内ではアイコスを吸っていますが、いわゆる「タバコ臭さ」は皆無ですし、普通のタバコと比較して煙が圧倒的に少ないです。

家の壁紙や歯が黄色くならない

家の壁紙や歯が黄色くならない
家の壁紙や歯が黄色くならない

歯を磨くときに鏡で毎日見てると、歯にヤニがついていません。これは実感できるレベルです。それもそのはずアイコスはタールが約90%カットされているからです。

三次喫煙を抑止できる〜駆け込みドクター

三次喫煙を抑止できる
三次喫煙を抑止できる

「三次喫煙」という言葉をご存知でしょうか?
一次喫煙は、タバコを吸っている本人、二次喫煙は、受動喫煙や副流煙といった喫煙者が吐き出した煙やタバコの先端から立ち上がる煙などを吸い込むこと、で、問題の三次喫煙とはタバコを吸ったことによる有害物質が残留し、その残留した有害物質を非喫煙者が吸うことです。

タバコを吸うと、有害物質が出ます。そのときの有害物質とは主に「ガス」と「粉塵」を指します。喫煙者がタバコを吸う前の息をセンサーで計測すると、880(通常200以下)。タバコを1本吸ってから計測するとその数値はさらに上がり975に。また1本タバコを吸うと、有害物質は約40分ほど消えないそうです。

そして、喫煙者から発せられるその有害物質は家のいたるところに残留します。壁紙、カーテン、カーペット、ソファ、服などなど。なんでも専門家によると、「タバコのニオイを感じれば有害物質が残っていると考えて問題ない」そうです。部屋に入ったときや、喫煙者の近くに寄ったとき、「うっ、タバコ臭い」とあなたが感じれば、それはイコール「有害物質を吸っている」ということなんです。

で、この三次喫煙は近年、きわめて危険なことが分かっているのですが、特に注意が必要なのは赤ちゃんや子ども、ペットがいる家庭です。赤ちゃん(特に乳幼児)や子ども、犬や猫などのペットは成人よりも床やカーペットに顔が近いですよね?しかも、犬にいたっては人の6,000倍鼻が利くともいわれていることから、その影響はかなりデカいと考えられます。

部屋の中で普通に吸っていると通常の15倍、換気扇下で吸っても3倍、ベランダで吸っても2倍の有害物質が残留します。喫煙者は、ベランダでタバコを吸えば臭わないと安易に考えますが、部屋の中に入ってきたとき、奥さんに「うわっ、タバコのニオイがする!」なんて言われたりしますよね?そのとき、有害物質を撒き散らしているということなんです。

専門家の話しによると、「タバコのニオイを感じれば有害物質が残っている」「タバコのヤニで黄色くなった壁紙などからも有害物質は残っている」ということなんですが、アイコスなら普通のタバコと比較してこの三次喫煙が圧倒的に少ないことが分かっているのです。(情報ソースはアイコス関係の企業が発信していたわけではありません)

それもそのはず。アイコスなら「タバコ臭さ」がありませんし、そもそも、火をつけて燃やしているわけではないのでこれもデカいかと。あと、壁紙や歯も黄色くなりませんしね。(黄ばんだ壁紙からは有害物質が出ている)

※三次喫煙については、2016年11月20日に追記しました。


私はフィリップ・モリス社(アイコスを製造・販売する会社)のまわし者ではありませんが、アイコスって本当に素晴らしいですよ!

私のこのブログを見て脱臭機を探している方はニオイ問題に切実に悩んでいるわけで、その中には当然私のように喫煙者の方もいると思います。そんな人は、ニオイを消すことだけにとらわれず、アイコスのように「タバコ臭さ」を出さないことも考えてみてはいかがでしょうか?

私が選んだベストオブ脱臭機で今までのニオイを完全脱臭することに加え、吸っていたタバコをアイコスに乗り換える。ダブルの対策でもはや完璧です。これはもうあなたの生活に劇的な変化をもたらすことは間違いないでしょう。実際、私はそう感じていますから。

※残念なことに、2016.07.30現在、アイコス本体が手に入らない状況みたいです。調べたところ、楽天やヤフオクで定価の120〜200%程度で売られています。おそらく8月〜9月にかけて追加製造分が市場に出回ると思います。(メーカーが本体の寿命を1年としていることから)

おすすめ脱臭機〜タバコやペット臭に効くガチのやつ

(関連記事)
タバコが臭い!もう我慢できない!っていう人が読む記事

「脱臭機選びに30万円かけた私がアイコスにした理由」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*