脱臭機選びで後悔しないための予備知識

空気清浄機と脱臭機、あるいはスチーム洗浄どれを選ぶべき?

私が除菌・消臭スプレーを選ばなかった理由 でご説明したとおり、販売しているお店やメーカーに恨みはありませんが、除菌・消臭スプレーは成人だけではなく、子どもやペットへの影響を考えると危険きわまりないので全力で却下という結果になりました。

残るは、「スチーム」「空気清浄機」「脱臭機」の3つです。

先に「スチーム」から。
スチームには「スチーム消臭剤」と「高温スチーム洗浄」があります。

【スチーム消臭剤】
スチーム消臭剤
主にカビ臭などに効くと評判の?スチーム消臭剤、価格は600円〜2,000円程度の商品をネットの口コミ・レビューをもとに、良さそうなものを15個程度購入しました。やり方は簡単で「モクモク感」があるため、効きそうな感じはしますが、全然効果を感じられませんでした。(「ちょっと臭い」程度であれば一時的には何とかなるのかも)

【高温スチーム洗浄】
高温スチーム洗浄
ニオイの原因と対策 でも触れていますが、悪臭の原因は主に雑菌の増殖です。そういう意味で言えば、ピンポイントで高温スチーム洗浄すれば、ある程度の雑菌は殺菌されたり、増殖が抑止できたりします。

基本的に、菌は熱に弱いです。例えば、カビ菌は中心部の温度が95℃を超えるとカビは焼成により死滅します。(逆に低温域にはある程度強く、マイナス10℃でも生育できる好冷性のカビもいます)

また、スチームは火傷さえしなければ薬品などを使っているわけではないので、その点、安全でいいのですが、この方法だと私のように空間に充満した悪臭を脱臭するケースでは使えません。よって、今回の私のケースでは高温スチーム洗浄は却下です。

空気清浄機か脱臭機か?

残るは、「空気清浄機」と「脱臭機」です。

空気清浄機と脱臭機の違いって何?という方は、空気清浄機と脱臭機の違いをご覧いただいたうえ、読み進めていただければと思います。

結論から言ってしまえば、ホコリや花粉、PM2.5などの除去が目的であれば、空気清浄機。消臭や脱臭を目的とした場合、やはり脱臭機が本職のわけです。餅は餅屋ということですね。

けど、当時の私は思いました。

思いつきました

「脱臭機能付きの空気清浄機を買えばいいんじゃない?」と。

ハイグレードモデルの空気清浄機だと脱臭機能が付いているものもありますよね。実際、某大型家電量販店に行き、実機を触り、メーカーの方から詳しく説明もしてもらいました。

結果、私は「あぁ、私が探しているのは脱臭機であり、脱臭機能付きの空気清浄機ではないな」と理解しました。

理由は、「脱臭機能付きの空気清浄機」はあくまでも第一の目的は「空気清浄」であり、脱臭ではないので、脱臭についてはそれなりの効果しか見込めないからです。

脱臭機能付きの空気清浄機としては人気がある「パナソニック F-VC70XL」と「SHARP KI-FX100」ですが、実際に試してみた結果、どちらも脱臭機能は大したことありませんでした。(私の車のコマセ臭どころか押し入れや下駄箱のカビ臭も除去できなかった)

パナソニック F-VC70XLについては、台所の料理臭すら脱臭できませんでした。

私の目的は、「空気をキレイにしたい」や「特定の物を殺菌・消毒したい」ではなく、「空間に充満した臭いニオイを完全に脱臭したい」ということが優先順位として高いので、そんな私が購入するべきは、脱臭機で間違いないことが分かりました。

※後述しますが、「脱臭する」ということは「空気をキレイにする」ということです。

→結論に先回りしたい人は「おすすめ脱臭機〜タバコやペット臭に効くガチのやつ」に飛んでください。

「空気清浄機と脱臭機、あるいはスチーム洗浄どれを選ぶべき?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*