脱臭機と空気清浄機の違い

脱臭機と空気清浄機の違い

脱臭機と空気清浄機、皆さまはその違いがしっかりとわかりますか?

ニオイを取ろうと考えた時に思いつく方法として、まず頭に空気清浄機を思い浮かべるのではないでしょうか。

だけど実際に使ってみたところ、思ったより脱臭効果が弱くガッカリした経験がある方もいると思います。はっきり言いますと、「脱臭」が目的のとき、空気清浄機を選ぶのは間違いです。

空気清浄機と脱臭機は似て非なるものなのです。「何をメインとしているか」という点についてご説明したいと思います。

【空気清浄機】
花粉やホコリ、ダニなどの飛散物を吸い取り、空気が綺麗な環境を作ることをメインとした機器です。

アレルギー性鼻炎などで悩んでいる方には空気清浄機が良いでしょう。グレードの高い空気清浄機だと脱臭機能がついているものもありますが、その脱臭方法もフィルターでの脱臭のため脱臭には限度があり、ニオイを取る能力で言えば脱臭機には及びません。

【脱臭機】
ホコリやチリより小さな菌や物質から発生するニオイの分子を、特殊なフィルターや装置で分解、除去し、ニオイを消すことをメインとした機器です。

ニオイが強い場所や、常にニオイが発生している場所で使うのが効果的です。自動車の中やペットを飼っている部屋では特に効果が期待できます。密閉された環境に発生する頑固なニオイの場所では、かなりの脱臭効果があります。

脱臭機は空気中の菌を除去する能力を兼ね備えている機種も多いため、脱臭機がある空間の空気も綺麗にしてくれます。実際に、ペットショップや中古車販売業者など、しっかりとニオイを取らなければ業務に支障が出る業者も空気清浄機ではなく脱臭機を選んで使っています。

ご理解いただけましたでしょうか?

ニオイを取るなら脱臭機。チリやホコリを取るなら空気清浄機ということなんです。

おすすめ脱臭機〜タバコやペット臭に効くガチのやつ