オゾン脱臭機の正しい使い方

オゾン脱臭機の正しい使い方

ここでは、私が購入して実際に使っているオゾン脱臭機「オースリークリア2」の正しい使い方などを具体的にご紹介します。あわせて注意点なども書いておきますので、よくお読みいただけたらと思います。

→結論に先回りしたい人は「おすすめ脱臭機〜タバコやペット臭に効くガチのやつ」に飛んでください。

「オゾン脱臭機ってどうやって使うの?」
「空気清浄機みたいな感覚で使えばいいんでしょ?」

いえいえ、ちょっと待ってください。これはどのようなことにも当てはまりますが、製品は正しい使い方をしないと本来の能力を発揮できずに、効果を体感できなかったり、何らかの事故につながることだってあります。ましてや、100円、200円の買い物ではないわけですから、これまで脱臭機の購入経験が一度もない方は特によく読んでくださいね。

まずはオゾン脱臭のメリットとデメリットを知ろう

まずはオゾン脱臭のメリットとデメリットを知ろう
まずはオゾン脱臭のメリットとデメリットを知ろう

物事にはなんでもメリットとデメリットがあります。一見、メリットだけに思えてもそれはデメリットやそこに潜むリスクを見ることができていないだけです。ガスは美味しい料理を作ることもできますし、暖を取ることもできますが、使い方を間違えると家事や火傷のもとです。薬は熱を一発で下げたり咳をピタッと止めますが、副作用がまったくないということはほとんどありませんよね。そんなふうに、オゾン脱臭にもメリットだけではなく、デメリットもあります。

ただ、正しい理解のもと、正しい使い方をすれば必ず効果を体験でき、安全にあなたが抱える問題をきれいさっぱり解決してくれるのでご安心ください。

オゾン脱臭のデメリット

オゾン脱臭のデメリット
オゾン脱臭のデメリット

あえて先にデメリットをご紹介します。オゾン脱臭機「オースリークリア2」のデメリットは、無人環境下で使用する必要があるという点です。承知の上で購入していますから、今さらあれですが、あえて明確なデメリットをあげるとすれば、もう本当にこの1点だと思います。

私は実際に、空気清浄機と脱臭機を複数台購入(富士通、ダイキン、シャープ、パナソニックなどなど)しています。その多くが「有人環境下でも使用できる製品」でした。有人環境でも使用できるということは、結局あまり強力ではないということなんですよね。。。

自分で購入して試してみてそれがよく分かったので、私は「無人環境で使用する強力脱臭機」を探してオースリークリア2に行き着いたので、その点についてはもともと「デメリット」とは考えていませんでした。けど、オースリークリア2をご存じない人に「オースリークリア2のデメリットは何?」と聞かれたら、「有人環境では使えないことくらいかな」とお答えすると思います。ただ、それと引き換えに「有人環境でしか使用できない製品たちのような生ぬるい効果ではなく、マジで無臭になりますから」ということなんですよね。

オゾン脱臭のメリット

オゾン脱臭のメリット
オゾン脱臭のメリット

やはり、脱臭効果がハンパないということです。

オゾン脱臭方式というのは、「もっとも効果がある脱臭機の脱臭方式」でもご説明しているように、空気を吸い込み、浮遊しているニオイの元を吸引する「強力吸引方式」や、フィルターにニオイを吸着させる「吸着方式」などと比較すると圧倒的に脱臭効果があります。さすがは清掃大手のダスキンが高額で提供している「脱臭サービス」でも採用されている脱臭方式なだけありますね。

次にコスパが良いこと。
特に脱臭に関して言えば、効果がないもの、あるいは中途半端に妥協して中途半端な対策をしたとき、お金と時間が無駄にでていくだけです。私も過去にそういう経験がありますが、今振り返ると、正直、「なんて無駄金と無駄な時間を使っていたのか、、、」と感じます(苦笑)

今となっては、オースリークリア2のように、脱臭効果が間違いない製品に数万円を出すことは厭わないが、効果が疑わしい製品にはたとえ1,000円でも出したくありませんね…

「安い」とか「高い」というのは、金額のことではなく、結局コスパなんですよね。高いと感じる1,000円もあれば、安いと感じる5万円もあるということです。この点は、私だけではなく多くの方が異論はないと思います。その点、オースリークリア2は効果最強、コスパ最強(調べた中で)ですので、「高い買い物」にはなりませんので、ご安心ください。

ということで、他にもあるのですが、オゾン脱臭のメリットをまとめると、「脱臭効果がハンパない」ということと、「コスパがめっちゃいい」の2点になります。

空気清浄機と使い方が大きく異なる点

空気清浄機と使い方が大きく異なる点
空気清浄機と使い方が大きく異なる点

2点あります。

まず1点目。
有人環境では使わないでください。オースリークリア2は、脱臭効果を最大化するためにオゾン脱臭方式を採用しています。オゾンは高濃度を長時間人や動物が吸い続ける(まぁ、実際にはそんな場面はないわけですが)と害になります。ですから、そもそも、空気清浄機のように自分たちが部屋にいる間に、ONにして作動させておくということはできませんし、しないでください。

そして2点目。
(結果的に)脱臭マニアになってしまった今の私がおすすめする脱臭機「オースリークリア2」は、脱臭効果とコスパが最強です。ただ、ONとOFFは自分の手でポチッと押す必要があります。

オースリークリア2は、運転と待機を繰り返すサイクル運転です。運転時間は1〜40分、待機時間を30〜360分の間で設定します。

たとえば、「運転15分、待機時間60分」と設定したとします。そうすると、

15分間運転したあと60分待機します。

60分待機したあと、15分間の運転が開始され、その後また60分待機。

60分待機したあと…と、ずっとこの動作の繰り返しで、「ちょ、ちょ、誰か止めてよ!」みたいな感じになります。だから、何回転目かにあなたの手でポチッと止めてあげてください。(慣れたら全然気になりません)

フィルター清掃や加湿機能用にある水を交換したりするとき以外は常時稼働(スイッチON)させている空気清浄機とはこの点も異なりますね。

オースリークリア2が届いたらどうやって使うのか?

オースリークリア2が届いたらどうやって使うのか?
オースリークリア2が届いたらどうやって使うのか?

私のときは、オースリークリア2を購入した2日後には商品が自宅に到着しました。

内容物は、オースリークリア2本体と、付属品として、配管用チューブ(1m)、シガーソケット用プラグ(車の車内脱臭時には必須!)、エアレーションストーン2個(オゾン水作るときに使用)、壁掛け用アンカー、ネジなどが入っています。

部屋の脱臭・除菌や、車内のニオイはどうやってとるのか?をみていきましょう。

部屋を脱臭・除菌する

部屋を脱臭・除菌する
部屋を脱臭・除菌する

先ほどご説明したように、オースリークリア2は連続自動運転なわけですが、私が今でも実際に連続自動運転して使用しているのは車の車内くらいで、部屋は30分運転させて、はい、おしまい。というふうに使っています。なぜ、連続自動運転で何度かやらないのかというと、30分1回でほぼニオイが脱臭されるからです。

ただ、これはニオイの度合いにもよりますので、あまりにも強いニオイであれば、20分運転→60分待機→20分運転→60分待機→20分運転など、工夫して使ってください。

で、オースリークリア2で部屋を脱臭するときのポイントですが、運転時間と待機時間をセットして、スイッチONにすればオゾンが放出され始めて、そこは何も難しいことはありません。で、私がいつもやっているのは、ちょっと面倒であっても、そのとき、オースリークリア2自体を部屋には入れないということです。こんな感じでチューブだけを部屋の中に入れて使うことをおすすめします。(電源は部屋の中からとってもOK)

運転時は部屋から出すと便利
運転時は部屋から出して使用すると便利

理由は、その方が安全だからです。
オゾン(O3)は脱臭効果、殺菌・除菌効果がきわめて高いことで有名ですが、それを人間や動物が大量に吸い込めば害になります。そういうと、オゾン脱臭を知った当時の私のように、「えっ、マジで?ちょっとでも吸ったらヤバいの?」と心配になりますが、そんなことはありません。

オゾンはもともと大気中に存在しているし、大型のコピー機や冷蔵庫などの電化製品から(微量に)放出されていますので、私たちは少なからず、日頃からオゾンをちょっと吸っています。だから、ちょっと吸ったらどうにかなるなんてことはありませんが、できる限り吸わないようにしたほうがいいよ!ということです。また、オゾンは他の物質とくっついて分解したあとは酸素に戻って完全無害化されるので、残留性などについてはまったく気にしなくて大丈夫です。(そこは清掃大手のダスキンもオゾン脱臭を使っているくらいなのでご安心を)

そんなわけで私は少々面倒でもオースリークリア2で部屋を脱臭するときには、製品自体はその部屋に入れていません。そうすれば、ON・OFFなど、操作するときも簡単ですし、安全ですよね。

車の車内をオースリークリア2で脱臭・除菌する

私が強力脱臭機を求めていた当初の理由はこれです。車内のニオイでした。

車の車内脱臭に使うものはこちら。オースリークリア2本体、チューブ、シガーソケット用の電源プラグの3点です。シガーソケット用の電源プラグは、オースリークリア2を買うと、付属で付いてきますのでご安心ください。

車内脱臭に使うもの
車内脱臭に使うもの

①付属のチューブの片方をオースリークリア2本機にブスっとさします。

チューブをオースリークリア2にさす
チューブをオースリークリア2にさす

②シガーソケット用の電源プラグをシガーソケットにさします。

シガーソケットにさす
シガーソケットにさす

③チューブは窓から逃して、電源コードは下から逃がす

こんな感じです
こんな感じです

シガーソケット用のコードがあと1.5mくらい長ければ、チューブと一緒に窓から逃したいところです。ただ、車種によっては、電源コードもチューブも窓から逃して、そうすると、電源コードが気持ち短いので、ボンネットの上にタオルか何かを敷いてその上に本機を置くのもありかと思います。

チューブは窓から、電源コードは下から
チューブは窓から、電源コードは下から

このとき、窓からチューブを逃がすので当然窓が少し開いている状態になりますが、この隙間を剥がしやすいテープなどを使い、密閉率を高めることで車内でオゾン隊長に追われた悪臭たちの逃げ場がなくなるため脱臭・除菌率はグッとUPします♪

ここまでセットすれば、あとはオースリークリア2で電源を入れるだけ。ちなみに私が一番はじめに車内脱臭をしたときは、コマセのニオイやカンタロー(うちの不良犬)のニオイ、タバコ臭などが複合臭で進化して、この世のものとは思えないニオイを発していたので、30分運転→待機60分→30分運転→待機60分→30分運転をして、見事に「ほぼ無臭」になりました。その後、定期的に20分運転→60分待機→20分運転など、頻度や運転時間を短くして利用している今となっては「完全無臭」といってもいいほどになりましたよ!オースリークリア2、本当にすごい!!!

※オゾン臭が少し残っているときは車の窓やドアを開け、空気の入れ替えをすればすぐになくなります。

靴や布団・枕などをピンポイントで脱臭・除菌する

靴や布団・枕などをピンポイントで脱臭・除菌する
靴や布団・枕などをピンポイントで脱臭・除菌する

靴や布団や枕、その他、何かピンポイントで脱臭、殺菌・除菌を行いたいときは、この方法ですべてできます。オースリークリア2をセットして、袋などで密閉します。このとき、車の車内脱臭のときのように、放出したオゾンが漏れないように、そして悪臭の原因菌を逃さないように、可能な範囲で密閉率を高めてください。

実際に私は靴も枕も布団もやってみましたが、個人的な感覚では、靴と枕は20分運転→60分待機→20分運転くらいで十分でした。布団は少し大きいので、30分運転→60分待機→30分運転、という感じで30分運転を2回。これでほぼ無臭になりました。特に布団や枕などの寝具は菌や微生物も潜んでいるのでオゾンで壊滅させてやりましょう!

えっ、脱臭機なのにオゾン水も作れるの?

オースリークリア2は気体のオゾンを放出させるだけではなく、付属のエアレーションストーンを使い、1ppm程度の濃度のオゾン水も作れます。
何かを殺菌・除菌するときに1ppmあれば数秒〜数十秒でほとんどの菌を殺せますので、せっかくオゾン水も作れるオゾン脱臭機を購入するのですからこちらも是非活用してください。

オゾン水で野菜や果物を洗浄・殺菌する
オゾン水で野菜や果物を洗浄・殺菌する

オゾン水では野菜や果物の洗浄・殺菌だけではなく、赤ちゃんのおもちゃを消毒したり、家の掃除(キッチンやフローリング、排水口などなど)に効果てきめんです。殺菌されるのでニオイもなくなりますよ♪

ちなみにオゾン水を利用しての洗浄や清掃中はオゾンを吸うとか吸わないとかは気にしなくて大丈夫です。水に溶け込んだオゾンは人間や動物に害がないレベルで徐々に濃度が薄まっていきます。(そのため、洗浄や殺菌はオゾン水を作ってからすぐのオゾン水を使ったほうが濃度が高いので効果的です)

で、中でも私が実際にやってみて特にすごかったのが、洗濯です!!!

これ、本当にすごいので是非ともやってみてほしいです。

エアレーションストーンを付けて洗濯機の中へ
エアレーションストーンを付けて洗濯機の中へ

使い方もいたって簡単です。エアレーションストーンを付けたチューブ先端を洗濯機に入れた水の中にチャポンと入れるだけです。あとは20分〜30分ほど運転していると、洗濯機の中にある水は、オゾンが溶け込んだオゾン水になりますので、このオゾン水で洗濯します。

オゾン水で洗濯するとどうなるのか
オゾン水で洗濯するとどうなるのか

まず、衣服のニオイがなくなります。これはかなり強烈なニオイもなくなるのでおすすめです。ニオイのもとは雑菌の増殖です。オゾン水が菌を殺す(殺菌)のでニオイがなくなるという実にシンプルな内容です。あくまでもニオイのもととなる菌を殺します。市販の洗剤みたいに強い香気でごまかす(マスキングといいます)わけでもなければ、薬品を使った洗剤のように、残留性がありません。先にも説明していますが、オゾンは分解・除菌が完了したら酸素に戻って完全無害化されますのでその点は心配しなくて大丈夫です。(私もその点、気になったのでネットで調べたり、オースリークリア2を販売するオゾンマートに電話で直接問い合わせたりしました)

と、まぁ、オゾン脱臭機「オースリークリア2」の正しい使い方はこんな感じです。

おすすめ脱臭機〜タバコやペット臭に効くガチのやつ